はしかの語源・由来

はしかの語源には、「芒(はしか・のぎ)」とする説がある。
芒とは、稲や麦などイネ科植物の穂の先に針のように尖った堅い毛のことで、これに触れたように痛がゆくなることから、「はしか」と呼ばれるようになったといわれる。
一見、音からこじつけられた説のようにも見えるが、「芒」を形容詞化した語に「はしかい」があり、「ちくちくと痛がゆい」「こそばい」といった意味で用いられていることから、はしかの語源は「芒」と考えて良いであろう。
漢字の「麻疹(痲疹)」は「ましん」からの当て字なので、この漢字に語源をもとめることは不可能である。

出典:語源由来辞典

TOP