よだれの語源・由来

よだれは、古くは「よだり」「よたり」と言い、平安時代以降「よだれ」に転じた。
よだり(よたり)の「たり」は、「垂れる」「垂らす」意味の動詞「垂る」の名詞形。
よだれの「よ」は、「緩む」「弱い」の意味など流れ出る箇所の状態を表しているとする説や、「よよ」と泣く時に垂れるものの意味など諸説ある。
『名義抄』では「鼻水」を表す「洟」や、「涙」を表す「涕」を「よたり」と読ませていることから、古くは、唾液だけではなく、鼻水や涙など垂れ流れ出るものを「よだれ」と呼んでいたようである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. トマトの語源・由来

  2. タイツとストッキングの違い

  3. はしたないの意味・類語・言い換え

  4. 名刺の語源・由来

  5. くだらないの語源・由来

  6. サンショウウオの語源・由来

  7. 虎の威を借る狐の語源・由来

  8. 酢の語源・由来

  9. シャンツァイの意味・別名・類語

  10. コエンドロの語源・由来

  1. 完全菜食主義者の「ヴィーガン」に不足しがちな栄養素とは

  2. カタログとパンフレットとリーフレットの違い

  3. チェリーボーイの語源・由来

  4. リベラリストの意味・類語・言い換え

  5. 爆弾とダイナマイトの違い

  6. 荒唐無稽の語源・由来

  7. ぜんざいの語源・由来

  8. サービスの語源・由来

  9. 世界初の輸血には羊の血が使われていた

  10. 砂丘と砂漠の違い

人気記事

  1. 郵便マーク「〒」の由来

  2. 「価格」「値段」「料金」「代金」「代価」「金額」の違い

  3. 海胆と海栗と雲丹の違い

  4. カボチャとパンプキンの違い

  5. 絶対と絶体の違い・使い分け

  6. さけるとよけるの違い・使い分け

  7. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」の違い

TOP