釘を刺すの語源・由来

釘を刺すは、日本建築の工法に由来する。
古く日本の木造建築は、釘を使わず木材に穴を開けて、それぞれの木材をはめ込む工法であった。
はめ込むだけでは不安なので、鎌倉時代頃から、念のために釘で固定するようになった。
そこから、江戸時代中頃、間違いないよう念を押す意味として「釘を刺す」と言うようになった。

「釘を打つ」よりも「釘を刺す」と言うことが多い理由は、当時の建築で使われていた釘が、和釘であったことに関係する。
和釘は断面が角ばり、先端が剣先状で、打ち込むには力が必要なので、穴を開けたところへ釘を差し込むようにしていた。
そのため、「釘を刺す」が一般的に使われるようになったのである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「男」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. もみじの語源・由来

  3. 「表す」「現す」「顕す」「著す」の違い

  4. サワラの意味・別名・類語

  5. 「逃げる」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 藪蛇になるの意味・類語・言い換え

  7. 食パンの意味・別名・類語

  8. ブログの語源・由来

  9. いいなずけの意味・類語・言い換え

  10. かまくらの中が暖かい3つの理由

  1. 和歌山県の語源・由来

  2. 持丸長者の意味・類語・言い換え

  3. 横領の意味・類語・言い換え

  4. 矛盾の語源・由来

  5. 「納豆に生卵は食べ合わせが悪い」は大袈裟!

  6. 大御所の意味・類語・言い換え

  7. ユリの語源・由来

  8. あなごの語源・由来

  9. 釜炒り茶の栄養基礎知識

  10. くちなわの語源・由来

人気記事

  1. モクセイの語源・由来

  2. ヤマユリの語源・由来

  3. 「プレゼント」と「ギフト」の違い

  4. ひょっとこの語源・由来

  5. ズバリの語源・由来

  6. 「分かる」「解る」「判る」の違い

  7. うどの栄養基礎知識

TOP