東雲の語源・由来

漢字で「東雲」と書くのは、東の空の意味からの当て字。
語源は「篠の目(しののめ)」であろう。
古代の住居では、明かり取りの役目をしていた粗い網目の部分を「目(め)」と言った。
目の材料には篠竹が使われていたため、それを「篠の目」と呼び、のちに明かり取りそのものを「篠の目」と呼ぶようになった。
そこから、夜明けの薄明かりを「篠の目」にたとえて「しののめ」と言うようになり、東の空が明るくなる頃や夜明けのことも「しののめ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「傷/疵/瑕」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. グラジオラスの語源・由来

  3. 店の語源・由来

  4. 「ねだる」「せがむ」「せびる」の違い

  5. 相槌の語源・由来

  6. えんがわ(魚)の語源・由来

  7. 手塩にかけるの語源・由来

  8. 小松菜の栄養基礎知識

  9. 蓑の意味・類語・言い換え

  10. キザの語源・由来

  1. 旦那の語源・由来

  2. 別府市の語源・由来

  3. ドリアの意味・別名・関連料理

  4. スズメの意味・別名・類語

  5. はなむけの語源・由来

  6. 「鶴は千年亀は万年」本当の鶴と亀の寿命は何年?

  7. 箱入り娘の語源・由来

  8. 山彦の語源・由来

  9. 以下の意味・類語・言い換え

  10. バカガイの語源・由来

人気記事

  1. 進退窮まるの語源・由来

  2. シリクサリの語源・由来

  3. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違い

  4. 檄を飛ばすの語源・由来

  5. 巫女の語源・由来

  6. 「カレーうどん」と「カレー南蛮」の違い

  7. ちんちくりんの語源・由来

TOP