肉の語源・由来

肉の漢字は、動物の筋肉の線を描いた象形文字。
読みの「にく」は呉音である。
肉を古くは、「しし(獣・鹿・猪と同源)」と言い、平安中期の『和名抄』でも「しし」としている。
食用としての肉は、牛・豚・鶏などの鳥獣類の筋肉部分を指すのが一般的であるが、脂や内臓を含めたり、魚介類の身や果物の実など、広義では柔らかい部分を指して「肉」という。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ギザギザの語源・由来

  2. せがれの語源・由来

  3. リゾットの語源・由来

  4. ミズバショウの語源・由来

  5. 部屋の語源・由来

  6. よこしまの語源・由来

  7. 噴飯ものの意味・類語・言い換え

  8. 「トナカイ」と「鹿」の違い

  9. 補筆の意味・類語・言い換え

  10. 「会話」「談話」「対話」の違い

  1. バナナの栄養基礎知識

  2. まつげの語源・由来

  3. 「レバニラ炒め」と「ニラレバ炒め」の違い

  4. 瞳の意味・類語・言い換え

  5. 鷹揚の語源・由来

  6. 「ミュール」「サンダル」「パンプス」の違い

  7. 昆布の栄養基礎知識

  8. すしの語源・由来

  9. 顛末の語源・由来

  10. 醍醐味の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 納豆の栄養基礎知識

  2. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」の違い

  3. 「寒い」と「冷たい」の違い

  4. 風雲児の語源・由来

  5. しその栄養基礎知識

  6. コバンザメの語源・由来

  7. 「伯父」「叔父」「小父」の違い

TOP