百八の鐘の意味・類語・言い換え

百八の鐘の読み・別表記

ひゃくはちのかね

百八の鐘の意味

寺院で朝夕108回、または略して18回、鐘をつくこと。特に、大晦日の除夜の鐘をさす。108の煩悩を覚まし除くためとも、1年の十二ヶ月・二十四節気・七十二候を合わせた数ともいう。《季 冬》

百八の鐘の類語・言い換え

除夜の鐘

今見られている記事 ランダム
  1. 破魔矢の語源・由来

  2. たらふくの語源・由来

  3. 生活の意味・類語・言い換え

  4. 温州みかんの意味・別名・類語

  5. おしゃれの語源・由来

  6. 滅相もないの語源・由来

  7. 卵と玉子の違い・使い分け

  8. いなせの意味・類語・言い換え

  9. 火中の栗を拾うの意味・類語・言い換え

  10. さくらんぼの意味・別名・類語

  1. うざったいの意味・類語・言い換え

  2. 通夜と葬儀と告別式の違い

  3. あすの語源・由来

  4. がむしゃらの意味・類語・言い換え

  5. トラの種類

  6. スミイカの語源・由来

  7. ワープロの語源・由来

  8. 天真流露の意味・類語・言い換え

  9. へそ曲がりの意味・類語・言い換え

  10. あんぽんたんの語源・由来

人気記事

  1. パンプスとハイヒールの違い

  2. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  3. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

  4. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  5. 楽しいと面白いの違い・使い分け

  6. クリスマスとクリスマスイブの違い

  7. 返ると帰ると還るの違い・使い分け

TOP