百八の鐘の意味・類語・言い換え

百八の鐘の読み・別表記

ひゃくはちのかね

百八の鐘の意味

寺院で朝夕108回、または略して18回、鐘をつくこと。特に、大晦日の除夜の鐘をさす。108の煩悩を覚まし除くためとも、1年の十二ヶ月・二十四節気・七十二候を合わせた数ともいう。《季 冬》

百八の鐘の類語・言い換え

除夜の鐘

今見られている記事 ランダム
  1. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」の違い

  2. エモいの語源・由来

  3. ガキの語源・由来

  4. サラリーマンの語源・由来

  5. 折衝の語源・由来

  6. 蒙古斑の語源・由来

  7. 地味の語源・由来

  8. 参議院の語源・由来

  9. ヤツメウナギの語源・由来

  10. 秋田県の語源・由来

  1. 松の意味・別名・類語

  2. ズバリの語源・由来

  3. 岡目八目の意味・類語・言い換え

  4. 桜肉の意味・別名・類語

  5. かったるいの語源・由来

  6. ハギの意味・別名・類語

  7. 雪隠の語源・由来

  8. コケモモの意味・別名・類語

  9. カランの語源・由来

  10. でっち上げの語源・由来

人気記事

  1. スズフリバナの語源・由来

  2. ロケットの語源・由来

  3. 「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」の違い

  4. 種実類(ナッツ)の栄養基礎知識

  5. ろうそくの語源・由来

  6. 襦袢の語源・由来

  7. 多治見市の語源・由来

TOP