百八の鐘の意味・類語・言い換え

百八の鐘の読み・別表記

ひゃくはちのかね

百八の鐘の意味

寺院で朝夕108回、または略して18回、鐘をつくこと。特に、大晦日の除夜の鐘をさす。108の煩悩を覚まし除くためとも、1年の十二ヶ月・二十四節気・七十二候を合わせた数ともいう。《季 冬》

百八の鐘の類語・言い換え

除夜の鐘

今見られている記事 ランダム
  1. 南無三の意味・類語・言い換え

  2. 「重体」と「重態」の違い

  3. 東京都の市区町村名一覧

  4. 太公望の意味・類語・言い換え

  5. 武蔵野市の語源・由来

  6. プライドの意味・類語・言い換え

  7. カンパニーの語源・由来

  8. 文京区の意味・シンボル

  9. カメレオンの意味・別名・類語

  10. もったいないの語源・由来

  1. メイズの意味・別名・類語

  2. 富山県の市町村名一覧

  3. 白の語源・由来

  4. 「対象」「対照」「対称」の違い

  5. ハトの意味・別名・類語

  6. 「暗い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. ネコババの語源・由来

  8. ボタンの意味・類語・言い換え

  9. 圧巻の意味・類語・言い換え

  10. 気がかりの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. まなじりの語源・由来

  2. 「儲ける」と「稼ぐ」の違い

  3. ポメラニアンの語源・由来

  4. ならず者の語源・由来

  5. 「カカオ」と「ココア」の違い

  6. タレントの語源・由来

  7. 「ひやむぎ」と「そうめん」の違い

TOP