猫も杓子もの語源・由来

猫も杓子もは、寛文8年(1668年)の『一休咄』に「生まれては死ぬるなりけりおしなべて 釈迦も達磨も猫も杓子も」とあり、それ以前には使われていたことがわかるが、正確な語源はわかっておらず、以下のとおり諸説ある。

1.猫は「神主」を表す「禰子(ねこ)」、杓子は「僧侶」を表す「釈氏・釈子(しゃくし)」で、「禰子も釈氏も(神主も僧侶も)」が変化して「猫も杓子も」になったとする説。
2.猫は「女子(めこ)」、杓子は「弱子(じゃくし)」で、「女子も弱子も(女も子供も)」が変化して「猫も杓子も」になったとする説。
3.猫は「寝子(ねこ)」、杓子は「赤子(せきし)」で、「寝子も赤子も(寝る子も赤ん坊も)」が変化して「猫も杓子も」になったとする説。
4.杓子は「しゃもじ」のことで、主婦が使うものであることから「主婦」を表し、「猫も主婦も家族総出で」という意味から出たとする説。
5.猫はどこにでもいる動物、杓子も毎日使う道具であることから、「ありふれたもの」の意味から出たとする説。

猫も杓子もは『一休咄』に出てくる言葉なので、1の説が有力とされることもあるが、それだけでは根拠とならない。
1の語源説も含め、こじつけと思える説ばかりだが、口伝えで広まったとすれば、音変化や漢字の表記が変化することは考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 紫陽花の意味・別名・類語

  2. 11月の意味・異名・類語

  3. 副食の意味・類語・言い換え

  4. 若いツバメの意味・類語・言い換え

  5. 「針/鍼」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. メンマの栄養基礎知識

  7. 「衣」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 「チョコレート」と「ショコラ」の違い

  9. 殷鑑遠からずの語源・由来

  10. ナナカマドの語源・由来

  1. 俺の意味・類語・言い換え

  2. 胸ぐらの語源・由来

  3. 諱の語源・由来

  4. 他力本願の語源・由来

  5. モンゴウイカの意味・別名・類語

  6. 味噌をつけるの意味・類語・言い換え

  7. 「コンサート」と「リサイタル」の違い

  8. 「離す」と「放す」の違い

  9. 七飯町の意味・シンボル

  10. ゆっくりの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「海胆」「海栗」「雲丹」の違い

  2. 度肝を抜くの語源・由来

  3. 抹茶の語源・由来

  4. 横車を押すの語源・由来

  5. 「バレンシアオレンジ」と「ネーブルオレンジ」の違い

  6. 「有る」「在る」「或る」の違い

  7. エゴマの語源・由来

TOP