預金と貯金と貯蓄の違い


金融機関にお金を預けることを「預金」「貯金」「貯蓄」などと言い、同義に扱われるが、それぞれが表す意味と預ける金融機関に違いがある。

貯金とは、お金を貯めること。
ゆうちょ銀行(郵便局)・農協(農業協同組合)・漁協(漁業協同組合)では「貯金」と呼ばれる。
預金とは、金融機関にお金を預けること。
銀行・信用金庫・信用組合といった民間金融機関のほか、労働金庫では「預金」と呼ばれる。
つまり、ゆうちょ銀行・農協・漁協では「貯金」、それ以外の金融機関では「預金」が使われているのである。
「預貯金」と言う時は、銀行などに預けた「預金」と、ゆうちょ銀行などに預けた「貯金」を合わせたお金を表す。

金融機関によって「預金」と「貯金」の呼称に違いがあるのは、明治初期に銀行や郵便局が作られる過程で、元にした英語に違いがあり、預金は「deposit(デポジット)」から、貯金は「saving(セービング)」からだったためや、銀行は企業のお金を扱うことが多かったため「預金」を使い、郵便貯金は個人のお金を扱うことが多いため「貯金」を使うようになったといわれるが、正確なことはわかっていない。

「預金箱」とは言わず「貯金箱」と言うように、個人が手元で貯めるお金は、普通「貯金」が用いられ、「預金」とは言わない。
つまり、「貯金」はお金を貯める意味として広く用い、「預金」は金融機関に限られた表現になる。
例外として「タンス預金」という言葉があるが、これは「銀行に預ける代わりに家の中で現金を保管する」という意味からであるため、この場合も金融機関に限った表現といえる。

「貯金」よりも更に広い意味となるのが「貯蓄」である。
「預金」や「貯金」という時の対象は「金銭」だが、「貯蓄」という時の対象は「財貨」で、預貯金に限らず、保険の積み立て・有価証券、不動産投資なども含まれる。

今見られている記事 ランダム
  1. 思うと考えるの違い・使い分け

  2. センマイの意味・別名・類語

  3. 感慨にふけるの意味・類語・言い換え

  4. 焼き鳥の意味・別名・類語

  5. 発達の意味

  6. 教階制の意味・類語・言い換え

  7. 胡散臭いの語源・由来

  8. ヨガの意味・類語・言い換え

  9. ごまをするの語源・由来

  10. 初夢は何日の夜に見た夢のことか

  1. 胡乱の語源・由来

  2. ぶどうの栄養基礎知識

  3. やきとりと焼き鳥の違い

  4. ハゲの語源・由来

  5. 共同と協同と協働の違い・使い分け

  6. 戸惑うの意味・類語・言い換え

  7. アカデミー賞とオスカーの違い

  8. 臭い(におい)の意味・類語・言い換え

  9. 首ったけの意味・類語・言い換え

  10. 夢の意味

人気記事

  1. ZERO(ゼロ)と零(れい)の違い

  2. 敬老の日と老人の日の違い

  3. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い・使い分け

  4. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  5. 海老と蝦の違い

  6. 検討と見当の違い・使い分け

  7. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

TOP