雪辱の語源・由来

雪辱の「辱」は「辱められる(はずかしめられる)」を意味し、「雪」は「雪ぐ(そそぐ)」「すすぐ」「洗い清める」を意味する。
そこから、恥をそそぐことを意味するようになり、前回負けた相手に勝ち、受けた恥をそそぐことを「雪辱する」「雪辱を果たす」と言うようになった。
雪辱の誤用には、「屈辱を晴らす」と混同した「雪辱を晴らす」が多く見られる。
「屈辱」は恥ずかしい思いをさせられることなので、それを晴らすことは良いが、「雪辱」は恥を拭い去ることなので、それを晴らすことは恥を自ら受け入れたいという意味になってしまう。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ミノの意味・別名・類語

  2. 「ランク」「レベル」「グレード」「クラス」の違い

  3. バザーの意味・類語・言い換え

  4. 「御社」と「貴社」の違い

  5. キャビアの栄養基礎知識

  6. 胃の意味・類語・言い換え

  7. 10月の意味・異名・類語

  8. 大分県の意味・シンボル

  9. 時化の語源・由来

  10. ブランコの意味・別名・類語

  1. 蝸牛角上の争いの語源・由来

  2. 関市の語源・由来

  3. 「帰省」「帰郷」「里帰り」の違い

  4. 甘いものは別腹の仕組み

  5. 手塩にかけるの意味・類語・言い換え

  6. アルコールの語源・由来

  7. 一富士二鷹三茄子の意味・類語・言い換え

  8. 明日葉の語源・由来

  9. うさぎの語源・由来

  10. やかんの語源・由来

人気記事

  1. 縁日の語源・由来

  2. 「電気」「電機」「電器」の違い

  3. 腹黒いの語源・由来

  4. 焼きが回るの語源・由来

  5. ドンファンの語源・由来

  6. マネキンの語源・由来

  7. カミナリイカの語源・由来

TOP