ポンカンの語源・由来

ポンカンの「ポン」は、原産国インドの西部にある地名「Poona(プーナ)」に由来する。
「Poona」を音写したものが「椪柑」の「椪」で、中国音で「ピエン」のように発音される。
これを日本では、「ポン」と発音した。
ポンカンの「カン」は、オレンジなどの柑橘類を表す「柑」。
この二つが合わさり、「ポンカン」となった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. シソの語源・由来

  2. セリフの語源・由来

  3. サイレンの語源・由来

  4. 参加と参画と加入と加盟と仲間入りの違い

  5. ビールの語源・由来

  6. 馬鹿の語源・由来

  7. 星が瞬く理由と瞬かない星

  8. おかっぱの語源・由来

  9. トムヤムクンの語源・由来

  10. ジュニパーの語源・由来

  1. メロンの栄養基礎知識

  2. みいはあの意味・類語・言い換え

  3. 働くの語源・由来

  4. 出世の語源・由来

  5. 立春の意味・類語・言い換え

  6. 中井町の意味・シンボル

  7. 居丈高の語源・由来

  8. 高飛車の語源・由来

  9. 北海道の市区町村名一覧

  10. 岐阜県の意味・シンボル

人気記事

  1. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  2. 一人と独りの違い・使い分け

  3. 干支と十二支の違い

  4. 校正と校閲の違い

  5. 樽と桶の違い

  6. 修正と訂正の違い・使い分け

  7. 皮と革と皮革の違い

TOP