ぼたもちの語源・由来

ぼたもちは、赤い小豆餡をまぶしたところが、牡丹の花に似ていることから名付けられた。
牡丹は春に咲く花なので、春のお彼岸に食べるものを「ぼたもち」、秋のお彼岸に食べるものを「おはぎ」と呼び分けられていたが、現代では「おはぎ」が一般的な名称とされる。
現代でも「ぼたもち」と「おはぎ」を呼び分けることはあるが、季節ではなく、製法や材料などで呼び分けられることが多く、地域やお店によってその定義は異なる。

出典:語源由来辞典

TOP