包丁の語源・由来

包丁は同音漢字の書き換えで、元来は「庖丁」と書く。
『荘子・養生主篇』の中に、文恵君のために庖丁が上手に牛を骨と肉に分けた話があり、伝説的な料理の名人として「庖丁」が登場する。
このことから、包丁の語源は料理人の名前とされることが多いが、原義を知らずに出された説で、名前という根拠はない。
漢語で「包(庖)」は肉を包んでおく場所で「台所」を意味し、「丁」はその仕事に従事する人や使用人を意味する語で、職名か一般名称と解釈するのが妥当である。
上記の話から、「庖丁」は料理人一般を指すようになり、日本でも平安時代以前には料理人を言い、料理をすることや料理の腕前も指すようになった。
やがて、庖丁(料理人)が使う刃物を「庖丁刀」と言うようになり、室町時代頃から「刀」が略され、料理に使う刃物の総称となっていった。
また、「畳包丁」「紙切り包丁」「裁縫用の裁ち包丁」など、包丁は「薄刃の刃物」の意味でも用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 降って湧くの語源・由来

  2. ライブの意味・類語・言い換え

  3. けじめの語源・由来

  4. サボるの意味・類語・言い換え

  5. 桜の意味・類語・言い換え

  6. 年越し参りの意味・類語・言い換え

  7. 幼稚園の意味・類語・言い換え

  8. パパイアの語源・由来

  9. よろしくの語源・由来

  10. 宮崎県の語源・由来

  1. イギリスの地方行政区画一覧

  2. 帯広市の意味・シンボル

  3. 秋田市の語源・由来

  4. 「皮」と「革」の違い

  5. 「道」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. とんでもないの語源・由来

  7. まだらの語源・由来

  8. くるぶしの語源・由来

  9. 片棒を担ぐの意味・類語・言い換え

  10. 冗談の語源・由来

人気記事

  1. ちゅうちゅうたこかいなの語源・由来

  2. からすみの語源・由来

  3. スパゲッティの語源・由来

  4. ふぐの語源・由来

  5. 阿武町の語源・由来

  6. タトゥーの語源・由来

  7. 立錐の余地もないの語源・由来

TOP