おけらになるの語源・由来

おけらになるの語源は諸説あるが、漢字で「螻蛄になる」と書くように、オケラは昆虫の「ケラ(螻蛄)」のことという説が有力とされている。
その説は、オケラを前から見ると万歳をしているように見えるため、一文無しでお手上げ状態になった人をオケラに見立て、「おけらになる」と言うようになったというものである。
その他、博打に負けて無一文になった者を「裸虫」と言ったことから、オケラに見立てたとする説。
おけらは植物の「オケラ(朮)」のことで、この植物は根の皮を剥いで薬用とされるため、身の皮を剥がれる意味に掛けたとする説もある。

出典:語源由来辞典

TOP