心の語源・由来

心の語源には、「凝々(こりこり)」「凝々(ころころ)」「凝る(こごる)」などから転じたとする、「凝」に絡めた説が多くあるが、正確な語源は未詳である。
漢字の「心」は心臓の形をかたどったもので、中国語では心臓の鼓動と精神作用が結びつけて考えられていた。
『万葉集』には「肝向ふ 心砕けて」とあり、日本語の「こころ」も「肝(肝臓)」と向かい合うもの。つまり、心臓を意味する言葉だったようである。
中古以後に「こころ」は臓器としての「心臓」の意味が薄れ、漢語の「心(しん)」に代わり、「心の臓」という形で「心臓」を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 大晦日の語源・由来

  2. 七福神のプロフィール

  3. 青田買いの語源・由来

  4. やさしいの語源・由来

  5. 手の語源・由来

  6. 成金の語源・由来

  7. ブルドッグの語源・由来

  8. あまねくの語源・由来

  9. ワッフルの語源・由来

  10. 賭博の語源・由来

  1. マリーゴールドの意味・別名・類語

  2. ベテランとエキスパートとスペシャリストの違い

  3. シリクサリの意味・別名・類語

  4. ゲソの意味・類語・言い換え

  5. サルの語源・由来

  6. ラーメンの種類

  7. 星が瞬く理由と瞬かない星

  8. 富豪の意味・類語・言い換え

  9. のこぎりの語源・由来

  10. ハスカップの栄養基礎知識

人気記事

  1. 寂しいと淋しいの違い・使い分け

  2. ひつじ雲とうろこ雲といわし雲の違い

  3. オリンピックシンボルの五輪マークの由来と色の意味

  4. 好意と厚意の違い・使い分け

  5. 薬局と薬店とドラッグストアの違い

  6. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い

  7. コックとシェフと板前の違い

TOP