心の語源・由来

心の語源には、「凝々(こりこり)」「凝々(ころころ)」「凝る(こごる)」などから転じたとする、「凝」に絡めた説が多くあるが、正確な語源は未詳である。
漢字の「心」は心臓の形をかたどったもので、中国語では心臓の鼓動と精神作用が結びつけて考えられていた。
『万葉集』には「肝向ふ 心砕けて」とあり、日本語の「こころ」も「肝(肝臓)」と向かい合うもの。つまり、心臓を意味する言葉だったようである。
中古以後に「こころ」は臓器としての「心臓」の意味が薄れ、漢語の「心(しん)」に代わり、「心の臓」という形で「心臓」を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スミレの意味・別名・類語

  2. しゃらくさいの意味・類語・言い換え

  3. でっち上げの語源・由来

  4. 帳消しの語源・由来

  5. 判をつくの意味・類語・言い換え

  6. 桑の種類

  7. クラリネットの語源・由来

  8. マルバヤナギの語源・由来

  9. 高峰の意味・類語・言い換え

  10. コンサートの語源・由来

  1. やんごとないの語源・由来

  2. プロ野球の意味

  3. 一姫二太郎の語源・由来

  4. あじさいの語源・由来

  5. ケショウヤナギの意味・別名・類語

  6. 「木/樹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. とんでもないの意味・類語・言い換え

  8. 芋を洗うようの意味・類語・言い換え

  9. 建茗の意味

  10. はしゃぐの語源・由来

人気記事

  1. 東京都中央区の語源・由来

  2. 「有る」「在る」「或る」の違い

  3. 堺市の語源・由来

  4. ダリアの語源・由来

  5. イライラの語源・由来

  6. 戒名の語源・由来

  7. ごまの栄養基礎知識

TOP