舞茸の語源・由来

舞茸は、茎が分岐して多数の傘が重なり合い、全体が舞っているように見えることから付いた名前である。
他には、昔は「幻のきのこ」と呼ばれるほど希少価値があり、見つけた人が舞い上がって喜んだことから、「舞茸」と名付けられたとする説もある。
しかし、植物やキノコの名前は、見た目や味から付けられることが多く、人の行動が由来となる場合は、文献が残っているか、誰もが知る言い伝えになっているはずなので、この舞茸の説は考え難い。
『今昔物語集』には、京都の北山でキノコを食べたら、舞踊り笑いが止まらなくなった人が出たため、このキノコを「舞茸」と言うようになったという説話がある。
しかし、これは今日で言う「舞茸」ではなく、ワライタケなどの幻覚性キノコを指している。
そのため、これも舞茸の語源とは考えられていない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ゴシップの語源・由来

  2. サバの語源・由来

  3. レタスの栄養基礎知識

  4. 割愛の意味

  5. にんにくの栄養基礎知識

  6. すいませんの意味・類語・言い換え

  7. 一時金の意味・類語・言い換え

  8. 悲しいの語源・由来

  9. とんずらの意味・類語・言い換え

  10. もしもしの語源・由来

  1. 仏頂面の語源・由来

  2. 変わると代わると替わると換わるの違い・使い分け

  3. 富有柿の語源・由来

  4. おせち料理の語源・由来

  5. 亭主の語源・由来

  6. ファッションの語源・由来

  7. 水掛け論の語源・由来

  8. 感慨無量の意味・類語・言い換え

  9. 瞳の意味・類語・言い換え

  10. 厚顔無恥の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 配布と配付の違い・使い分け

  2. なぜ日本の学校では生徒が掃除をするのか

  3. 大トロと中トロと赤身の違い

  4. 発見と発明の違い

  5. 能率と効率の違い・使い分け

  6. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

  7. 留意と注意と用心の違い・使い分け

TOP