力士の語源・由来

力士は、1603年『日葡辞書』には「リキジ(Riquiji)力のある者。文語」とあり、漢語で「りきじ」と呉音読みしていたが、後世に「りきし」と読むようになった。
力士の「力」は体や腕の力で、「士」は優れた男士の意味。
『日葡辞書』で力士を「力のある者」としているように、特に「相撲取り」を指す言葉ではなく、「金剛力士」も相撲取りではない。
力士が「相撲取り」を指すことが多くなったのは、古くから力持ちの代表的存在であっためと考えられる。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 蕃茄の意味・類語・言い換え

  2. マイナーリーグ

  3. 保証と保障と補償の違い・使い分け

  4. 社会の語源・由来

  5. こにしの意味・別名・類語

  6. 皇寿の意味・類語・言い換え

  7. 判をつくの意味・類語・言い換え

  8. 風邪はなぜ「かかる」ではなく「ひく」というのか

  9. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

  10. 手をこまねくの語源・由来

  1. おかゆと雑炊とおじやとリゾットの違い

  2. 意思と意志の違い・使い分け

  3. 嘉辰令月の意味・類語・言い換え

  4. 妻の意味・類語・言い換え

  5. ウサギの目が赤い理由

  6. 材料と原料と原材料と素材と資材の違い

  7. あせもの意味・別名・類語

  8. ふんだんの語源・由来

  9. プライドの意味・類語・言い換え

  10. 横恋慕の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 遵守と順守の違い・使い分け

  2. 油と脂と膏の違い・使い分け

  3. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  4. 膝裏のくぼんだ部分の名前

  5. 本膳料理と懐石料理と会席料理の違い

  6. 雹(ひょう)と霰(あられ)の違い

  7. ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

TOP