納豆の栄養基礎知識

納豆の特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、加工品など、知っておきたい納豆の基礎知識。

納豆の特徴

納豆とは、蒸した大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品です。
独特の発酵臭と旨味があり、混ぜるとネバネバとした糸をひくことから「糸引き納豆」とも呼びます。
発酵によって大豆よりも栄養価が高まり、大豆にはない有効成分も含まれた納豆は、昔から日本人の健康を支えてきた、日本のスーパーフードともいえる食品です。

納豆の栄養・効能

原料の大豆にはタンパク質、食物繊維、ビタミン、ミネラル、大豆サポニン、大豆イソフラボン、大豆レシチンなどが豊富に含まれていますが、納豆は大豆のさまざまな栄養成分を増幅させます。
ビタミンB2は大豆の約2倍、ゆで大豆の7倍にもなり、脂質の代謝アップや美肌効果があります。
ビタミンKは、普通の糸引き納豆で600μg、ひきわり納豆では900μgと非常に多くなり、血液凝固や骨の強度を高めるのに役立ちます。

納豆は発酵されることによって、原料の大豆にはなかった有効成分も作り出されます。
中でも、納豆菌が作るナットウキナーゼという酵素は、血栓を溶かす働きがあり、血液をサラサラにするため、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防する効果が期待でき、血圧の上昇を抑える作用があるともいわれています。
また、納豆菌には腸内環境を整える働きもあります。

納豆の選び方

納豆は作り立てが一番おいしく、栄養価も高い。製造日から3日間が食べ頃。
製造日から日が浅いものを選ぶと良いです。

納豆の保存方法

冷蔵で保存し、早めに食べきるようにしましょう。アンモニア臭がするものは鮮度が落ちています。
乾燥すると味が落ちるので、食べ残した場合はラップに包んで冷蔵保存しましょう。
冷凍保存する場合は、パックごと冷凍庫で保存し、食べるときは冷蔵庫で自然解凍します。

納豆の加工品

干し納豆、納豆餅、納豆せんべいなどの菓子類。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. こけにするの語源・由来

  2. かばねの語源・由来

  3. 「聖歌」と「讃美歌」の違い

  4. 「影」と「陰」の違い

  5. 心配の意味・類語・言い換え

  6. 気の毒の語源・由来

  7. 市川市の語源・由来

  8. 小千谷市の語源・由来

  9. へぼ(へぼい)の語源・由来

  10. ハイジャックの意味・類語・言い換え

  1. へっちゃらの語源・由来

  2. ホタテガイの意味・別名・類語

  3. いきなりの意味・類語・言い換え

  4. 伊勢市の語源・由来

  5. 水無月(和菓子)の語源・由来

  6. 真夏に雪が降ったら初雪になるか

  7. 毛の語源・由来

  8. 切口上の語源・由来

  9. 「無料」と「無償」の違い

  10. ナヨシの語源・由来

人気記事

  1. 「発見」と「発明」の違い

  2. かわりばんこの語源・由来

  3. みどりごの語源・由来

  4. 「怒る」と「叱る」の違い

  5. アシタバの栄養基礎知識

  6. レモンの栄養基礎知識

  7. ケチャップの語源・由来

TOP