海千山千の語源・由来

海千山千は、「海に千年、山に住んだ蛇は竜になる」という言い伝えを人間の経験にあてはめたもの。
その言い伝え自体は古いが、「海千山千」という形での用例は昭和になってからである。
また、竜になるという言い伝えには「立派な(竜になること)」といった意味が含まれているが、海千山千は世の中を知り尽くしたことで、ずる賢くなった者をさすため、褒め言葉としては用いられない。
海千山千の同意句には、「海に千年山に千年」「海千河千」がある。

出典:海千山千 – 語源由来辞典

海に千年、山に千年住んだ蛇は竜になるという言い伝えからできたことわざ「海に千年山に千年」の短縮形。
竜ともなれば、蛇などは相手にならないことから、経験を積んで世間の裏表を知り、したたかになるさまや、そのような人をいう。

出典:海千山千 – 故事ことわざ辞典

TOP