南京豆の語源・由来

南京豆は、江戸時代初期に中国を経て渡来したため、この名がある。
南京豆の「南京」は、「南京米」や「南京袋」など、他の語の上に付いて中国経由または中国から渡来したものを表す。
主に関西では「かぼちゃ」の別名として「ナンキン」と言う。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 虎の巻の意味・類語・言い換え

  2. 金満家の意味・類語・言い換え

  3. 図体の語源・由来

  4. 田楽の語源・由来

  5. デザートの語源・由来

  6. 「耐震」「免震」「制震」「制振」の違い

  7. モルモットの種類

  8. 五輪(オリンピック)の意味・別名・類語

  9. ラッキーの意味・類語・言い換え

  10. 法令遵守の意味・類語・言い換え

  1. 俄然の語源・由来

  2. 福島市の意味・シンボル

  3. カナリアの語源・由来

  4. 麦雨の語源・由来

  5. 男爵いもの語源・由来

  6. ルーサンの意味・別名・類語

  7. 葛藤の意味・類語・言い換え

  8. 憂鬱の語源・由来

  9. 七夕月の意味・異名・類語

  10. 河童の屁の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 彼岸桜の語源・由来

  2. モモンガの語源・由来

  3. 飛竜頭の語源・由来

  4. ピーナッツの語源・由来

  5. 「食料」と「食糧」の違い

  6. 桔梗の語源・由来

  7. 「アカデミー賞」と「オスカー」の違い

TOP