フォアグラの語源・由来

フォアグラは、フランス語「foie gras」に由来する。
フォアグラの「フォア(foie)」は肝臓を意味し、「グラ(gras)」は「太った」「脂肪性の」という意味である。
1世紀初頭の古期ラテン語では、「太らせた肝臓」を「jecur ficautum」と言っていた。
「jecur」は「肝」、「ficautum」は「イチジク(ficus)」のことで、現代では主にとうもろこしなどの飼料を大量に食べさせるが、古くは豚やガチョウにイチジクを食べさせ、太らせていたことに由来する。
12世紀には、俗ラテン語で「jecur」が欠落し、イチジクを意味する「ficautum」のみで、肥大した肝臓の意味となった。
その後、「ficautum」がフランス語に入り、次第に変形して「foie」となったもので、フォアグラの「フォア」は「イチジク」が語源である。
フォアグラの「グラ(gras)」は、「濃厚な」「固い」の意味のラテン語「cassus」に由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 眉唾の語源・由来

  2. さびしい(さみしい)の語源・由来

  3. 十六夜の語源・由来

  4. 年関の意味・類語・言い換え

  5. マナガツオの語源・由来

  6. 判をつくの意味・類語・言い換え

  7. おすそ分けの語源・由来

  8. 古希の語源・由来

  9. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」の違い

  10. 諦めるの語源・由来

  1. 火中の栗を拾うの語源・由来

  2. シャリの意味・別名・類語

  3. 菜種梅雨の語源・由来

  4. 奨励金の意味・類語・言い換え

  5. 行灯の語源・由来

  6. 色をなすの意味・類語・言い換え

  7. ガリの語源・由来

  8. スイカの意味・別名・類語

  9. 八百長の意味・類語・言い換え

  10. 与那国町の意味・シンボル

人気記事

  1. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」の違い

  2. ゼニガメの語源・由来

  3. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」の違い

  4. 齟齬の語源・由来

  5. はしかの語源・由来

  6. チャボの語源・由来

  7. 内股膏薬の語源・由来

TOP