マニフェストの語源・由来

マニフェストは、英語「manifesto」からの外来語。
「manifesto」は、ラテン語で「手」を意味する「manus(mani)」と、「打つ」を意味する「fendere(fest)」が合わさった語。
「手で打つ」の意味から、「手で感じられるほど明らかな」という意味に派生し、「はっきり示す」という意味で用いられた。
英語で「明らかな」という意味の「manifest」も、同じ語源である。

政治的な宣言の意味で「マニフェスト」が使われるようになったのは、1848年、マルクス・エンゲルスが『共産党宣言』の中で「manifest(ドイツ語)」を用いたことに由来する。
ただし、世界に流通した「マニフェスト」は、「イタリア共産党の宣言」を指すイタリア語の「manifesto」からで、日本でも英語経由で「manifesto」を用いる。
やがて、イギリスの選挙で政党から公表される政策綱領を「マニフェスト」と呼び、「政策の数値目標」「実施期限」「財源」「方法」など、具体的な公約を表すようになった。
日本ではイギリスの総選挙を参考に北川正恭氏が提唱し、平成15年(2003年)に行われた統一地方選挙で候補者の多くがマニフェストを提示し、衆議院選挙でも各政党が「政権公約」として提示するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ドタキャンの語源・由来

  2. おかっぱの語源・由来

  3. 大きいの語源・由来

  4. 垢の語源・由来

  5. パンプスとハイヒールの違い

  6. 下戸の語源・由来

  7. デザートの語源・由来

  8. おかしいの語源・由来

  9. 超ド級の語源・由来

  10. 鰯の頭も信心からの語源・由来

  1. 元旦の語源・由来

  2. サイレンの語源・由来

  3. バナナの種類

  4. 自白と自供の違い・使い分け

  5. いじめの語源・由来

  6. 広島原爆と長崎原爆の違い

  7. 木の語源・由来

  8. ナンパの語源・由来

  9. 勤めるの意味・類語・言い換え

  10. めどの語源・由来

人気記事

  1. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  2. シミュレーションとシュミレーションの違い

  3. 髭と鬚と髯の違い

  4. タイツとストッキングの違い

  5. ZERO(ゼロ)と零(れい)の違い

  6. 署名と記名とサインの違い

  7. 成長と生長の違い・使い分け

TOP