ブルマーの語源・由来

ブルマーは、1850年頃、アメリカの女性解放運動家 エリザベス・スミス・ミラーによって考案されたものである。
同じく、女性解放運動家のアメリア・ジェンクス・ブルーマーが、ミラーの考案した衣服を「リリー」誌上で紹介し、世に広めたことから、「bloomers(ブルーマーズ)」と呼ばれるようになった。
つまり、ブルーマーの名前が「ブルマー」の語源である。
当時のブルマーは全体的にゆったりして足首で絞ったもので、その上からスカートが履かれ、女性解放運動の象徴とされた。
19世紀末頃から、ブルマーはスポーツ着として取り入れられ、一般にも普及していった。
日本では大正から昭和にかけて女学生用の運動着としてブルマーが用いられ、第二次世界大戦後からは丈が短くなり、形が提灯のように見えたことから、俗に「ちょうちんブルマー」とも呼ばれた。
東京オリンピックのあった1964年以降、ぴったりとしたブルマーが主流となり、1990年代初頭まで多く用いられた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ヤクザの語源・由来

  2. 案外と意外と存外と思いの外の違い・使い分け

  3. サクラ(おとり)の語源・由来

  4. アワビの栄養基礎知識

  5. ひよこ豆の栄養基礎知識

  6. 兵庫県の市区町名一覧

  7. 長崎県の語源・由来

  8. 働くの語源・由来

  9. みょうがの栄養基礎知識

  10. 奥ゆかしいの語源・由来

  1. 定石(定跡)の語源・由来

  2. 河童の意味・別名・類語

  3. インストラクターの意味・類語・言い換え

  4. 破魔矢の語源・由来

  5. アンコウの栄養基礎知識

  6. 持丸の意味・類語・言い換え

  7. 勉強の語源・由来

  8. 大根の種類・変種

  9. 無料と無償の違い

  10. リゾットの語源・由来

人気記事

  1. 髭と鬚と髯の違い

  2. 昼光色と昼白色と電球色の違い

  3. ランクとレベルとグレードとクラスの違い

  4. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

  5. 保証人と連帯保証人の違い

  6. 彗星と流星の違い

  7. 牛乳と加工乳と乳飲料の違い

TOP