大器晩成の語源・由来

大器晩成の出典は、中国『老子』の41章「大方無隅、大器晩成」。
鐘や鼎のような大きな器は簡単に出来上がらず、完成するまでに時間がかかるという意味に解釈されている。
しかし、『老子』の大器晩成は「無限に大きい器は完成に至らない」といった解釈もされており、晩年に成功した人を称えたり、将来の期待を込めて励ます時に使うことは誤用とする見方もある。
ただし、『三国魏志』において、有名な魏の国の武将が馬鹿者扱いされていた従弟に対し、「鐘や鼎のような…」と「大器晩成」を例に挙げて励まし、従弟は見事立派な人物になったという話があり、そこから現在の意味になったとも考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. カンニングの語源・由来

  2. ハンカチの語源・由来

  3. もみじの語源・由来

  4. 三つ葉の語源・由来

  5. おはぎとぼたもちとあんころもちの違い

  6. 背水の陣の語源・由来

  7. テレコの語源・由来

  8. おいちょかぶの語源・由来

  9. 顰蹙を買うの語源・由来

  10. 穴と孔の違い・使い分け

  1. 硬骨の意味

  2. 石の語源・由来

  3. 鶏卵の意味・別名・類語

  4. ショップの語源・由来

  5. 祭りの語源・由来

  6. スミレの語源・由来

  7. 君子は豹変すの意味

  8. 大根の栄養基礎知識

  9. ギターの語源・由来

  10. アニスの語源・由来

人気記事

  1. 努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け

  2. 夏季と夏期の違い・使い分け

  3. 効果と効能の違い

  4. 荒いと粗いの違い・使い分け

  5. オセロとリバーシの違い

  6. マカロニサラダはサラダなのか?「サラダ=野菜」ではない!語源でわかるサラダの定義

  7. 文と文章と文書の違い

TOP