お節介の語源・由来

節介は「節操を固く守り世俗に同調しないこと」が本来の意味であるが、お節介の意味とかけ離れ過ぎているめ、漢字は当て字と考えられる。
お節介には、「切匙・狭匙(せっかい)」を語源とする説がある。
切匙とは、すり鉢などの内側に着いたものを掻き落とす道具のこと。
その切匙が溝の内に入り込むことから、他人の内に入り込もうとすることを「おせっかい」と言うようになり、間に挟まることを意味する「介」の字を含んだ「節介」が当てられたというものである。
この切匙の説が有力とはされているが、「せっかい」という音を元に考えられた説のため、正確な語源は未詳である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 夕顔の語源・由来

  2. 仮住まいの意味・類語・言い換え

  3. 梁山泊の意味・類語・言い換え

  4. ずんだ餅の栄養基礎知識

  5. 沖縄県の市町村名一覧

  6. ちり鍋の意味・別名・類語

  7. トナカイの語源・由来

  8. 「整理」と「整頓」の違い

  9. 雨月の意味・類語・言い換え

  10. 縁側の語源・由来

  1. 毛嫌いの語源・由来

  2. 津市の語源・由来

  3. インディーズの語源・由来

  4. 当てずっぽうの語源・由来

  5. 嘉辰の意味・類語・言い換え

  6. 「可愛い」と「可愛らしい」の違い

  7. 西郷村の意味・シンボル

  8. 相合傘の語源・由来

  9. カレイの種類

  10. ポン酢の語源・由来

人気記事

  1. 「シャベル」と「スコップ」の違い

  2. ごまの栄養基礎知識

  3. カンガルーの語源・由来

  4. いにしえの語源・由来

  5. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違い

  6. サウスポーの語源・由来

  7. 貫禄の語源・由来

TOP