ひとしおの語源・由来

ひとしおの「しお」は「塩」ではなく、染め物を染料につける回数のことで、ひとしおは染料に一回浸すことを意味する。
二回つけることは「再入(ふたしお)」、何回も色濃く染め上げることは「八入(やしお)」「百入(ももしお)」「千入(ちしお)」「八千入(やちしお)」と言った。
一回つける毎に色が濃くなり鮮やかさが増すことから、ひとしおは「ひと際」などを意味する副詞として、平安時代頃から用いられるようになった。
回数の意味で用いる「しお(しほ)」は上代から見られる語で、語源は「湿らす」「濡れる」などを意味する「霑る(しおる)」か、「潮時」「潮合」などの「しお」と考えられている。
漢字で「一入」と書くのは、染め物を入れる意味からの当て字である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 修羅場の意味・類語・言い換え

  2. 疑心暗鬼の意味・類語・言い換え

  3. 和歌山市の語源・由来

  4. レシピの「少々」「ひとつまみ」「一握り」は何グラムか

  5. 三温糖の栄養基礎知識

  6. こじつけの意味・類語・言い換え

  7. モルヒネの語源・由来

  8. 南京豆の語源・由来

  9. イギリスの地方行政区画一覧

  10. ジュニパーの語源・由来

  1. 菜盛花の意味・別名・類語

  2. カニの語源・由来

  3. ワッフルの語源・由来

  4. ペテン師(ペテン)の語源・由来

  5. パイナップルの種類

  6. かぼちゃの意味・別名・類語

  7. サボテンの意味・別名・類語

  8. 鰯の頭も信心からの意味・類語・言い換え

  9. 大安の語源・由来

  10. のるかそるかの語源・由来

人気記事

  1. 鳥の語源・由来

  2. 山口市の語源・由来

  3. ねぶたの語源・由来

  4. ストロンチウムの語源・由来

  5. オランウータンの語源・由来

  6. 上前をはねるの語源・由来

  7. 生姜の栄養基礎知識

TOP