ビスケットの語源・由来

ビスケットの語源は、「二度焼いたパン」を意味するラテン語「Biscoctum Panem(ビスコクトウム・パネム)」で、フランス語「ビスキュイ」の語源にもなっている。
ポルトガル語を通して日本に入った語で、16世紀の日本ではビスケットを「びすかうと」と呼び、明治には当て字で「重焼麺包」と書かれた。

昭和55年、全国ビスケット協会によって、2月28日は「ビスケットの日」とされている。
全国ビスケット協会によれば、語源の「二度焼く」との語呂合わせで28日としたことと、水戸藩士の蘭医柴田方庵の『方庵日録』に、作り方をオランダ人から学び、それを手紙にして水戸藩へ送った日が、安政2年(1855年)2月28日と記されているからという。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. うさぎの語源・由来

  2. リュックサックの語源・由来

  3. ハイブリッドカーとエコカーの違い

  4. 虎の威を借る狐の語源・由来

  5. 折衝の語源・由来

  6. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  7. 坩堝の語源・由来

  8. 青菜に塩の語源・由来

  9. 阿吽の呼吸の語源・由来

  10. ただいまの語源・由来

  1. 佃煮の語源・由来

  2. 果物の語源・由来

  3. 紙鳶(いか)の意味

  4. 足を洗うの語源・由来

  5. 夏の意味・類語・言い換え

  6. 前門の虎後門の狼の語源・由来

  7. 自任の意味・類語・言い換え

  8. 床屋と美容室の違い

  9. 和三盆の栄養基礎知識

  10. モツの語源・由来

人気記事

  1. 拝啓と謹啓と前略の違い・使い分け

  2. 世界初の輸血には羊の血が使われていた

  3. 穴と孔の違い・使い分け

  4. バカとアホの違い

  5. 時と時間と時刻の違い

  6. 進呈と贈呈と謹呈と献上の違い・使い分け

  7. 初夏と立夏と孟夏の違い

TOP