たまごの語源・由来

たまごは形が球状であることから「玉の子」で、「たまご」と呼ばれるようになったもの。
この語が見られるようになるのは室町期だが、当時は方言もしくは俗語として使われ、広く用いられるようになったのは江戸時代以降である。
「たまご」と呼ばれる以前は、「殻(かひ)の子」という意味で「かひご(かいご)」と呼ばれていた。
その漢字として用いられたのが「卵」や「卵子」で、「卵」単独では「かひ」とも言った。
呼び名が「かひご」から変化したため、「卵」も「たまご」と呼ぶようになった。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  2. 硬骨の意味

  3. 他山の石の語源・由来

  4. 気構えの意味・類語・言い換え

  5. 盛運の意味・類語・言い換え

  6. 心配の語源・由来

  7. アーモンドとピーナッツの違い

  8. あだ名の語源・由来

  9. 奨励金の意味・類語・言い換え

  10. 喫茶店の意味・別名・類語

  1. ろくでなしの意味・類語・言い換え

  2. 登記の意味・類語・言い換え

  3. 月月の意味・類語・言い換え

  4. 不可逆の意味・類語・言い換え

  5. 盆と正月が一緒に来たようの意味・類語・言い換え

  6. スパゲッティの種類

  7. 挙げ句の果ての語源・由来

  8. 嵐の意味・類語・言い換え

  9. コンサートとリサイタルの違い・使い分け

  10. テロとゲリラとクーデターの違い

人気記事

  1. 牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

  2. 寄付金と義援金と支援金の違い

  3. 辞任と辞職と退任と退職の違い・使い分け

  4. パスタとスパゲッティの違い

  5. 越えると超えるの違い・使い分け

  6. 一生懸命と一所懸命の違い

  7. 幼稚園と保育園と保育所と託児所の違い

TOP