カタツムリの語源・由来

カタツムリの「カタ」は、「笠に似た貝」「笠を着た虫」の意味で「笠」が語源。
かつての笠は、縫い糸を螺旋状に縫ったため、「貝」の形容ともされている。
カタツムリの「ツムリ」は、「つぶら」「つぶり」「つぶろ」と同系で貝の呼称。
これらの語は、丸くて小さいものを表す「粒」と同源で、円い渦巻き状のものに多く見られ、「まいまいつぶり」や「まいまいつぶろ」もこの語系からである。
古くは「かたつぶり」と呼ばれており、それが変化して「かたつむり」となった。
その他、「片角振り・形角振り(かたつのふり)」が転じて「かたつむり」になったとする説もあるが、有力とはされていない。
漢字の「蝸牛」は、カタツムリの別名「かぎゅう」からの拝借である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 沖縄の道路が滑りやすい理由

  2. 紋は黒いのにモンシロチョウという理由

  3. 霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違い

  4. カラオケの語源・由来

  5. メンマの語源・由来

  6. 社会の語源・由来

  7. 柿の種類

  8. 押印と捺印と押捺の違い・使い分け

  9. 鹿児島市の語源・由来

  10. 七夕の語源・由来

  1. 大根の栄養基礎知識

  2. 砂肝の意味・類語・言い換え

  3. つまりの語源・由来

  4. ムショの意味・類語・言い換え

  5. 贔屓の語源・由来

  6. とどのつまりの語源・由来

  7. 店の語源・由来

  8. 揚げ足を取るの語源・由来

  9. 残り物には福があるの意味・類語・言い換え

  10. スポーツの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 利率と利回りの違い

  2. 召集と招集の違い・使い分け

  3. 陶器と磁器の違い・見分け方

  4. 効くと利くの違い・使い分け

  5. ヨガとピラティスの違い

  6. 特徴と特長の違い・使い分け

  7. 初めと始めの違い・使い分け

TOP