図に乗るの語源・由来

図に乗るの「図」は、仏教の法会などで僧が唱える声楽『声明(しょうみょう)』の転調のことである。
この転調は難しかったため、調子がうまく変えられることを「図に乗る」と言った。
そこから、調子に乗ることを言うようになり、「つけあがる」の意味に変化した。
「頭に乗る」と漢字表記されることもあるが、意味が変化した後の当て字と考えられ、普通、このような表記はしない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. あんぽ柿の語源・由来

  2. 「印鑑」「はんこ」「印章」の違い

  3. よりを戻すの意味・類語・言い換え

  4. 叢雲の意味・類語・言い換え

  5. 痛み入りますの意味・類語・言い換え

  6. 「せんべい」「あられ」「おかき」の違い

  7. 皇寿の意味・類語・言い換え

  8. 弘法にも筆の誤りの意味・類語・言い換え

  9. そばの木の意味・別名・類語

  10. 序の口の語源・由来

  1. 浦安市の語源・由来

  2. 胼胝の意味

  3. 足立区の語源・由来

  4. 「棒」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. まつげの語源・由来

  6. 糟糠の妻の意味・類語・言い換え

  7. さつまいもの栄養基礎知識

  8. 宇都宮市の意味・シンボル

  9. 三島市の意味・シンボル

  10. 絶体絶命の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ジンギスカンの語源・由来

  2. ふきの語源・由来

  3. 左うちわの語源・由来

  4. ニラの栄養基礎知識

  5. ミントの語源・由来

  6. 相模原市の語源・由来

  7. 「凸凹(でこぼこ)」と「凹凸(おうとつ)」の違い

TOP