ひとりぼっちの語源・由来

ひとりぼっちは、「ひとりぼうし(独法師・独り法師)」が音変化した語。
独法師は、宗派・教団などに属さなかったり、離脱した僧侶の境遇をいった言葉で、あてもなく世の中を彷徨い歩くことを「独法師の三界坊」ともいった。
そこから、孤独であることを「ひとりぼうし」と言い、音変化して「ひとりぼっち」となった。
「ぼうし」が「ぼっち」や「ぽっち」に変化した由来は、ポチ袋の「ポチ」と同じく、「ぼっち」や「ぽっち」には「これっぽっち」など「〇〇だけ」の意味があり、孤独であることに関連付けられたと考えられる。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. とどのつまりの意味・類語・言い換え

  2. コンサートとライブとGIGの違い

  3. うざいの意味・類語・言い換え

  4. 菖蒲月の意味・類語・言い換え

  5. 大根の種類・変種

  6. 押捺の意味・類語・言い換え

  7. 件名の意味

  8. 橘月の意味・類語・言い換え

  9. 教階制の意味・類語・言い換え

  10. 戯画の意味・類語・言い換え

  1. ひげの意味・別名・類語

  2. コンプライアンスの意味・類語・言い換え

  3. 名前の意味・類語・言い換え

  4. ショートケーキの語源・由来

  5. かぼちゃの語源・由来

  6. 確信の意味・類語・言い換え

  7. ブロッコリーの意味・別名・類語

  8. 鉄火巻きの意味・別名・類語

  9. ハトの意味・別名・類語

  10. 無茶苦茶の語源・由来

人気記事

  1. 重体と重態の違い・使い分け

  2. 長いと永いの違い・使い分け

  3. ハイブリッドカーとエコカーの違い

  4. 濃口醤油と薄口醤油の違い

  5. 定価と希望小売価格とオープン価格の違い

  6. ベランダとバルコニーとテラスの違い

  7. 押さえると抑えるの違い・使い分け

TOP