ひとりぼっちの語源・由来

ひとりぼっちは、「ひとりぼうし(独法師・独り法師)」が音変化した語。
独法師は、宗派・教団などに属さなかったり、離脱した僧侶の境遇をいった言葉で、あてもなく世の中を彷徨い歩くことを「独法師の三界坊」ともいった。
そこから、孤独であることを「ひとりぼうし」と言い、音変化して「ひとりぼっち」となった。
「ぼうし」が「ぼっち」や「ぽっち」に変化した由来は、ポチ袋の「ポチ」と同じく、「ぼっち」や「ぽっち」には「これっぽっち」など「〇〇だけ」の意味があり、孤独であることに関連付けられたと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 四日市市の語源・由来

  2. 飴の語源・由来

  3. アザラシの語源・由来

  4. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」の違い

  5. 娘の語源・由来

  6. グレコローマンスタイルの意味・別名・類語

  7. 無縫天衣の意味・類語・言い換え

  8. かまいたちの意味・別名・類語

  9. 番茶の意味・類語・言い換え

  10. 「猿」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. ヒトデの語源・由来

  2. 「トラック」と「ダンプカー」の違い

  3. テストの意味・類語・言い換え

  4. 退任の意味・類語・言い換え

  5. 神輿の語源・由来

  6. 「降雪」「積雪」「着雪」の違い

  7. 「悲しい」と「哀しい」の違い

  8. ブリとハマチの違い!カンパチやヒラマサとの違いも

  9. 焼け木杭に火が付くの意味・類語・言い換え

  10. 姥桜の語源・由来

人気記事

  1. 諱の語源・由来

  2. リンドウの語源・由来

  3. 「精算」と「清算」の違い

  4. 冬瓜の語源・由来

  5. 相模原市の語源・由来

  6. しゃぶしゃぶの語源・由来

  7. 姑息の語源・由来

TOP