ひとりぼっちの語源・由来

ひとりぼっちは、「ひとりぼうし(独法師・独り法師)」が音変化した語。
独法師は、宗派・教団などに属さなかったり、離脱した僧侶の境遇をいった言葉で、あてもなく世の中を彷徨い歩くことを「独法師の三界坊」ともいった。
そこから、孤独であることを「ひとりぼうし」と言い、音変化して「ひとりぼっち」となった。
「ぼうし」が「ぼっち」や「ぽっち」に変化した由来は、ポチ袋の「ポチ」と同じく、「ぼっち」や「ぽっち」には「これっぽっち」など「〇〇だけ」の意味があり、孤独であることに関連付けられたと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 育ちの意味・類語・言い換え

  2. 阿波市の意味・シンボル

  3. チンゲン菜の語源・由来

  4. 七飯町の意味・シンボル

  5. 西郷村の意味・シンボル

  6. 菊池市の意味・シンボル

  7. 引導を渡すの語源・由来

  8. 月次の意味・類語・言い換え

  9. ルビの意味・類語・言い換え

  10. 命の語源・由来

  1. びっくりの語源・由来

  2. 土用の意味・類語・言い換え

  3. ぼる(ぼられる)の語源・由来

  4. セミの語源・由来

  5. 巳の意味・類語・言い換え

  6. 「筆者」「著者」「作者」の違い

  7. 徳利の語源・由来

  8. おっかないの語源・由来

  9. 「わび」と「さび」の違い

  10. なまはげの語源・由来

人気記事

  1. ガチョウの語源・由来

  2. おべんちゃらの語源・由来

  3. 「押さえる」と「抑える」の違い

  4. あくびの語源・由来

  5. カシューナッツの栄養基礎知識

  6. 墨守の語源・由来

  7. キツツキの語源・由来

TOP