元の木阿弥の語源・由来

元の木阿弥の「木阿弥」は人の名前で、次の話に由来する。
戦国時代、大和郡山の城主 筒井順昭(つついじゅんしょう)が病死した。
後継ぎ息子の順慶(じゅんけい)は幼少だったため、遺言どおり順昭の死を隠すことになり、替え玉として、姿や声の似た盲人の木阿弥を寝室に寝かせた。
順慶が成人した三年後、順昭の死を公表し、木阿弥は用済みになったため、城主から元の木阿弥に戻ったという話である。
元の木阿弥の語源は、上記の説が最も有力とされるが、他に以下の二説がある。
妻と離縁して出家し、木の実を食べて修行に励んだ、木阿弥と呼ばれる僧がいた。
年老いた木阿弥は心身が弱ったため、妻のところへ戻り、長年の修行が台無しになってしまった。
それを知った人々は、「元の木阿弥」と言って嘲笑したという説。
お椀の朱塗りがはげて木地が現れ、貧弱な木椀に戻ったことを「元の木椀」と言い、それが転じて「元の木阿弥」になったとする説。

出典:元の木阿弥 – 語源由来辞典

戦国時代の武将筒井順慶が、幼い時に父の順昭が病死した。
父の遺言によりその死を隠し、顔や声がよく似た木阿弥という盲人を薄暗いところに寝かせ、順昭がまだ寝床にいるかのように見せかけた。
その死は順慶が成人するまで敵に知られずに済んだが、順慶が成人した折に順昭の死を公表したために、木阿弥は用済みとなりもとの庶民に戻されたという故事によるとされている。
語源には諸説あるが、この説が最も有力な説である。

出典:元の木阿弥 – 故事ことわざ辞典

TOP