阿吽の呼吸の語源・由来

阿吽の呼吸の「阿吽」は、サンスクリット語「a-hum」の音写。
「阿」は口を開き、「吽」は口を閉じて発する声のことで、そこから「呼気」と「吸気」の意味となり、両者が息を合わせることを「阿吽の呼吸」と言うようになった。
寺社の山門にある狛犬や仁王の口は一体が口を開き、一体は口を閉じて「阿吽」を表している。
密教では、阿吽が「万物の根源」と「一切が帰着する知徳」の象徴とされている。
これは梵語の悉曇(しったん)の字母表で、最初の韻が「阿(a)」、最後の韻が「吽(hum)」であることに由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. するめの語源・由来

  2. 暦の語源・由来

  3. 土用の意味・類語・言い換え

  4. 以後の意味・類語・言い換え

  5. 捲土重来の意味

  6. 食べ物の意味・類語・言い換え

  7. 植毛手術の意味・類語・言い換え

  8. パンプスの意味・類語・言い換え

  9. 祝月の意味・類語・言い換え

  10. 手探りの意味・類語・言い換え

  1. 落書きの意味・類語・言い換え

  2. とどのつまりの語源・由来

  3. 馬耳東風の意味・類語・言い換え

  4. 玄関の語源・由来

  5. 嵐の意味・類語・言い換え

  6. 猫に小判の語源・由来

  7. 不倫の語源・由来

  8. 香水の意味・類語・言い換え

  9. 奨励金の意味・類語・言い換え

  10. 絵に描いた餅の語源・由来

人気記事

  1. 着物と浴衣の違い

  2. 返事と返答と応答と回答の違い・使い分け

  3. 産科と婦人科と産婦人科の違い

  4. 越えると超えるの違い・使い分け

  5. 開放と解放の違い・使い分け

  6. 参加と参画と加入と加盟と仲間入りの違い

  7. 煩わしいと面倒と厄介の違い

TOP