玄人の語源・由来

玄人は「素人」の対義語として生まれた言葉。
素人の語源である「白人(しろひと)」の対は「黒人(くろひと)」で、「くろひと」が音便化して「くろうと」になった。
玄人のふりをする意味の動詞「くろがる」は、「玄がる」のほか「黒がる」とも書く。
漢字に「玄」の字が使われた由来は、「玄」は「黒」よりも奥深く、容易ではない意味合いが強いことから当てられたものである。
玄人の語源には、一芸に苦労した人の意味で「苦労人(くらうと)」からとする説もあるが、「黒人」が玄人の意味で使われた例があるのに対し、「苦労人」が玄人の意味で使われた例は見られない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 海藻と海草の違い

  2. カルパッチョの語源・由来

  3. スパイの語源・由来

  4. 頑丈の語源・由来

  5. つまりの語源・由来

  6. イギリスの地方行政区画一覧

  7. アカデミー賞とオスカーの違い

  8. 御曹司の語源・由来

  9. 閏年の語源・由来

  10. 顧みると省みるの違い・使い分け

  1. 栃木県の意味・シンボル

  2. たまさかの語源・由来

  3. 大晦日の語源・由来

  4. 鮭の種類

  5. 団扇(うちわ)と扇子(せんす)の違い

  6. 仮住まいの意味・類語・言い換え

  7. ごぼうの語源・由来

  8. 炒り卵の意味・類語・言い換え

  9. 寒天の語源・由来

  10. 悲喜こもごもの語源・由来

人気記事

  1. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  2. 入れ墨と刺青とタトゥーの違い

  3. 意思と意志の違い・使い分け

  4. おしることぜんざいの違い

  5. 電気と電機と電器の違い・使い分け

  6. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

  7. 和牛と国産牛の違い

TOP