一目置くの語源・由来

一目置くは囲碁から生まれた言葉で、一目は一個の碁石を意味する。
囲碁ではハンディとして、弱い方が先に石を一目置いてから対局を始める。
そこから、相手の実力を認め敬意を払う意味となった。
一目置くの強調した言い方には、「一目も二目も置く」がある。

出典:語源由来辞典

TOP