一目置くの語源・由来

一目置くは囲碁から生まれた言葉で、一目は一個の碁石を意味する。
囲碁ではハンディとして、弱い方が先に石を一目置いてから対局を始める。
そこから、相手の実力を認め敬意を払う意味となった。
一目置くの強調した言い方には、「一目も二目も置く」がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 鉢合わせの語源・由来

  2. 「了解」「了承」「承知」「承諾」の違い

  3. 李下に冠を正さずの意味・類語・言い換え

  4. 文京区の意味・シンボル

  5. 「見る」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 門前払いの語源・由来

  7. ぼる(ぼられる)の語源・由来

  8. ニリンソウの意味・別名・類語

  9. さくらんぼの意味・別名・類語

  10. 一本立ちの語源・由来

  1. 旭旗の意味・類語・言い換え

  2. 襦袢の語源・由来

  3. デカの語源・由来

  4. 処女の語源・由来

  5. 「ポッキー」と「プリッツ」の違い

  6. いにしえの意味・類語・言い換え

  7. あげまんの意味・類語・言い換え

  8. 二の舞の語源・由来

  9. 万年筆の語源・由来

  10. マグロの意味・別名・類語

人気記事

  1. 濡れ手で粟の語源・由来

  2. 亀裂の語源・由来

  3. 「ポッキー」と「プリッツ」の違い

  4. 会社の語源・由来

  5. トントン拍子の語源・由来

  6. シビレの語源・由来

  7. 唐辛子の栄養基礎知識

TOP