一目置くの語源・由来

一目置くは囲碁から生まれた言葉で、一目は一個の碁石を意味する。
囲碁ではハンディとして、弱い方が先に石を一目置いてから対局を始める。
そこから、相手の実力を認め敬意を払う意味となった。
一目置くの強調した言い方には、「一目も二目も置く」がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. せっかちの語源・由来

  2. 辞任と辞職と退任と退職の違い・使い分け

  3. 保証と保障と補償の違い・使い分け

  4. ヒラメの語源・由来

  5. 釘を刺すの語源・由来

  6. 案外と意外と存外と思いの外の違い・使い分け

  7. 稲妻の語源・由来

  8. ハモの語源・由来

  9. 黒の語源・由来

  10. 恋の語源・由来

  1. 初秋の意味・類語・言い換え

  2. のるかそるかの意味・類語・言い換え

  3. 牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

  4. だらしないの語源・由来

  5. ザクロの栄養基礎知識

  6. 道草を食うの意味・類語・言い換え

  7. キャビアの栄養基礎知識

  8. 唐辛子の栄養基礎知識

  9. 略奪愛の意味・類語・言い換え

  10. バナナの種類

人気記事

  1. 注意報と警報と特別警報の違い

  2. 整形外科と形成外科と美容外科の違い

  3. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

  4. 探すと捜すの違い・使い分け

  5. 電気と電機と電器の違い・使い分け

  6. 御社と貴社の違い・使い分け

  7. 特徴と特長の違い・使い分け

TOP