神の語源・由来

神は上の方にいる尊ぶべき存在であるため、「上(かみ)」を語源とする説が多いが、奈良時代では、「神(かみ)」の「み」の発音と、「上(かみ)」の「み」の発音は違っていた。
古い文献の中には、神を「虎」や「蛇」と称しているものもあり、上の方にいる存在とは限らなかった。
そのことから、「上(かみ)」の説は間違いと考えられ、語源は未詳である。

出典:語源由来辞典

TOP