神の語源・由来

神は上の方にいる尊ぶべき存在であるため、「上(かみ)」を語源とする説が多いが、奈良時代では、「神(かみ)」の「み」の発音と、「上(かみ)」の「み」の発音は違っていた。
古い文献の中には、神を「虎」や「蛇」と称しているものもあり、上の方にいる存在とは限らなかった。
そのことから、「上(かみ)」の説は間違いと考えられ、語源は未詳である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. サウナの意味・別名・類語

  2. イクラの語源・由来

  3. キャンセルの語源・由来

  4. 三面記事の語源・由来

  5. ヤスデの語源・由来

  6. 猫も杓子もの意味・類語・言い換え

  7. エプロンの意味・類語・言い換え

  8. うるかの栄養基礎知識

  9. 酒池肉林の意味・類語・言い換え

  10. こけら落としの意味・類語・言い換え

  1. すっぽかすの語源・由来

  2. 未曾有の語源・由来

  3. 白湯とお湯はなにが違うの?白湯が体にもたらす美容効果とは

  4. 南蛮の花の意味・別名・類語

  5. パフェの意味・類語・言い換え

  6. 象牙の塔の語源・由来

  7. チャルメラの語源・由来

  8. 愛媛県の意味・シンボル

  9. 大福の種類

  10. 蚊の意味・別名・類語

人気記事

  1. 署名と記名とサインの違い

  2. 看病と看護と介抱の違い・使い分け

  3. 停戦と休戦と終戦の違い

  4. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  5. セミナーとゼミナールの違い

  6. 儲けると稼ぐの違い

  7. 入れ墨と刺青とタトゥーの違い

TOP