凧の語源・由来

凧を「タコ」と呼ぶのは関東方言で、関西方言では「イカ」と呼ばれ、18世紀後半の方言集『物類称呼』には「イカノボリ」の例も見られる。
凧が「タコ」や「イカ」と呼ばれ始めた由来は、紙の尾を垂らして揚がる姿が、「蛸(タコ)や「烏賊(イカ)」に似ていることからと考えられる。
中国では凧が漢代から「紙鳶(しえん)」として用いられ、平安時代初頭に日本へ伝来した。
現代でも「凧」が「紙鳶」と表記されることもあり、938年成立の『和名抄』には「紙老鴟(しらうし)」としてあげられている。
「鳶」や「鴟」は、鳥の「トビ(トンビ)」のことで、紙製のトビを意味する。
「タコ」の呼称が出現するのは、江戸時代以降のことである。
漢字の「凧」は国字で、風と巾(布の意)の合字である。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. カステラの意味・別名・関連食品

  2. ニートの意味・別名・類語

  3. 五輪(オリンピック)の意味・別名・類語

  4. 爽快の意味・類語・言い換え

  5. 首相の意味

  6. 転活の意味・類語・言い換え

  7. 神父の意味・類語・言い換え

  8. 令月の意味・類語・言い換え

  9. 宿命と運命の違い

  10. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  1. あせもの語源・由来

  2. 玄人はだしの意味・類語・言い換え

  3. 手をこまねくの語源・由来

  4. ノースリーブとタンクトップとランニングシャツの違い

  5. 例月の意味・類語・言い換え

  6. 違法と不法と非合法と脱法の違い

  7. 代議士と国会議員の違い

  8. ひとりぼっちの意味・類語・言い換え

  9. 可愛いの意味・類語・言い換え

  10. 白河夜船の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 感心と関心の違い・使い分け

  2. 彗星と流星の違い

  3. 大学と大学校の違い

  4. 記入と記載と記述の違い・使い分け

  5. 豚の体脂肪率はモデルよりも低い

  6. 容疑者と被疑者と被告人と犯人の違い

  7. 緑色なのに黒板という理由

TOP