埒が明かないの語源・由来

埒が明かないの「埒(らち)」は、囲いや仕切りのことで、主に、馬場の周囲に設けた柵のことをいう。
本来、「物事の決まりがつく」「かたがつく」などの意味で、「埒が明く(らちがあく)」と使われていたが、現代では否定表現の「埒が明かない」と使われることが多い。
「埒」が進展の意味で使われるようになった由来には、加茂の競べ馬(くらべうま)で、柵が外されるのを待ちわびた一般客が言った言葉からとする説。
春日大社の祭礼で、金春太夫(こんばるだゆう)が祝詞を読み終わるまで神輿の柵が開かず、一般人が中に入れなかったことからとする説がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 仙台市の語源・由来

  2. 海賊版の意味・別名・類語

  3. アジ(マアジ)の栄養基礎知識

  4. ウスターソースの意味・別名・類語

  5. こじつけの意味・類語・言い換え

  6. 最初はグーの意味・類語・言い換え

  7. いびきの語源・由来

  8. ちり鍋の意味・別名・類語

  9. ブリの語源・由来

  10. ごまをするの語源・由来

  1. アマダイの意味・別名・類語

  2. バナナの栄養基礎知識

  3. 開運の意味・類語・言い換え

  4. 時機の意味・類語・言い換え

  5. トランプの語源・由来

  6. かわやの意味・別名・類語

  7. 早苗月の意味・異名・類語

  8. 品川区の意味・シンボル

  9. 矍鑠の語源・由来

  10. 菜種梅雨の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. マスカラの語源・由来

  2. フトモモの語源・由来

  3. 「ちょくちょく」「しばしば」「度々」の違い

  4. 「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

  5. マヨネーズの栄養基礎知識

  6. ぼんぼりの語源・由来

  7. 放送の語源・由来

TOP