魚の語源・由来

魚は、元々「酒菜(さかな)」と書き、「酒のつまみ」を意味していた。
奈良時代から室町時代にかけて、「さかな」と呼ばれていたものは、「塩」「すもも」「味噌」など。
江戸時代以降、酒の肴に魚肉が多く使われたため、魚肉を「さかな」と呼ぶようになった。
本来、魚類全般は「いを」と言い、「いを」から「うを」、「うを」から「うお」へと変化した。
しかし、「うお」では不安定な母音の連続になるため、海や川で泳いでいる魚類も「さかな」と呼ぶようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. コンロの種類

  2. けじめの語源・由来

  3. 初夢は何日の夜に見た夢のことか

  4. サバの語源・由来

  5. 牛タンの栄養基礎知識

  6. 「煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違い

  7. 感動の意味・類語・言い換え

  8. 油を売るの語源・由来

  9. キャラクターの意味・類語・言い換え

  10. がんもどきの意味・別名・類語

  1. 長月の意味・異名・類語

  2. 阿吽の呼吸の意味・類語・言い換え

  3. 田作りの語源・由来

  4. ケイトウの語源・由来

  5. 座敷の意味・類語・言い換え

  6. ウミネコの意味・別名・類語

  7. ペリーの黒船はなぜ黒かったのか

  8. 妻の意味・類語・言い換え

  9. 殷鑑遠からずの語源・由来

  10. シャンプーの語源・由来

人気記事

  1. ロマン(ロマンス)の語源・由来

  2. 「鮭」と「サーモン」の違い

  3. 「暖かい」と「温かい」の違い

  4. 「恐ろしい」「怖い」「おっかない」の違い

  5. ぬかずくの語源・由来

  6. はっけよいの語源・由来

  7. 踏ん切りの語源・由来

TOP