目から鱗が落ちるの語源・由来

目から鱗が落ちるは、キリストの奇跡により盲目の男の目が見えるようになったという、新約聖書『使徒行伝』第九章の「直ちに彼の目より鱗のごときもの落ちて見ることを得」から生まれた言葉である。
本来、目から鱗が落ちるは、誤りを悟り、迷いから覚める意味で使われていた。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 埴輪の意味

  2. 砂と土の違い

  3. 春の大型連休の意味・類語・言い換え

  4. えぐいの語源・由来

  5. 数学記号「+」「-」「×」「÷」「=」の形の由来

  6. 圧力鍋の意味・類語・言い換え

  7. ふんだんの語源・由来

  8. 冒険と探検と探険の違い・使い分け

  9. 目から鱗が落ちるの語源・由来

  10. 温州みかんの語源・由来

  1. バナナの語源・由来

  2. ボージョレヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日になった理由

  3. しょうもないの語源・由来

  4. サバの語源・由来

  5. 法令遵守の意味・類語・言い換え

  6. うなぎの語源・由来

  7. 年越し詣での意味・類語・言い換え

  8. 過去にオリンピックが中止になった回数

  9. 預金と貯金と貯蓄の違い

  10. 下馬評の語源・由来

人気記事

  1. 検討と見当の違い・使い分け

  2. 雑学と豆知識の違い

  3. 時と時間と時刻の違い

  4. 注意報と警報と特別警報の違い

  5. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  6. ひやむぎとそうめんの違い

  7. スパークリングワインとシャンパンとシャンメリーの違い

TOP