相槌の語源・由来

あいづちは江戸時代から見える語で、漢字では「相槌」や「相鎚」のほか、「合鎚」とも書いた。
「槌・鎚(つち)」は、物を打ち叩く建築用の工具である。
鍛冶が刀を鍛えるとき、師が槌を打つ合間に弟子が槌を打つことを「相槌」や「相の槌」などと言った。
そこから転じて、相手の問いに答えることや、相手の話に合わせることを「相槌を打つ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 嘯くの語源・由来

  2. ブロッコリーの栄養基礎知識

  3. カツの語源・由来

  4. 「横」「隣」「そば」の違い

  5. ロボットの語源・由来

  6. 和三盆の栄養基礎知識

  7. レタスの栄養基礎知識

  8. 過去にオリンピックが中止になった回数

  9. ビンタの意味・類語・言い換え

  10. カキツバタの語源・由来

  1. 懺悔の語源・由来

  2. 裏目の意味・類語・言い換え

  3. 禍福は糾える縄の如しの意味・類語・言い換え

  4. セダンの種類

  5. 「ニホン」と「ニッポン」の違い

  6. 押忍の語源・由来

  7. 真っ赤な嘘の語源・由来

  8. 暦の語源・由来

  9. ペリーの黒船はなぜ黒かったのか

  10. 福岡市の語源・由来

人気記事

  1. アルペンスキーの語源・由来

  2. 反面教師の語源・由来

  3. 枝豆の栄養基礎知識

  4. キャロットの語源・由来

  5. 凄いの語源・由来

  6. 尋常の語源・由来

  7. カラスボーイの語源・由来

TOP