縁起の語源・由来

縁起は、サンスクリット語「pratitya-samupada」の漢訳で仏教用語である。
本来は「精神的な働きを含む一切のものは、種々の原因や縁によって生起する」という意味で、仏教の中心思想のひとつであった。
「縁起を担ぐ」という表現は、「御幣を担ぐ」が変化したものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ヤクモソウの語源・由来

  2. 画竜点睛を欠くの語源・由来

  3. たかが知れるの語源・由来

  4. ときがわ町の意味・シンボル

  5. ありきたりの意味・類語・言い換え

  6. 桔梗の意味・別名・類語

  7. 嫌味の語源・由来

  8. 寒天の語源・由来

  9. 徳島市の意味・シンボル

  10. セピアの語源・由来

  1. うつつを抜かすの語源・由来

  2. 御社の意味・類語・言い換え

  3. サイクロンの語源・由来

  4. タコの意味

  5. じょうろの語源・由来

  6. 賽銭の語源・由来

  7. 川寿の語源・由来

  8. 亀裂の意味・類語・言い換え

  9. 蓼食う虫も好き好きの意味・類語・言い換え

  10. 眉の語源・由来

人気記事

  1. お茶の子さいさいの語源・由来

  2. とかくの語源・由来

  3. 出刃包丁の語源・由来

  4. シフォンケーキの語源・由来

  5. 目抜き通りの語源・由来

  6. ドレミファソラシドの語源・由来

  7. ひとりぼっちの語源・由来

TOP