縁起の語源・由来

縁起は、サンスクリット語「pratitya-samupada」の漢訳で仏教用語である。
本来は「精神的な働きを含む一切のものは、種々の原因や縁によって生起する」という意味で、仏教の中心思想のひとつであった。
「縁起を担ぐ」という表現は、「御幣を担ぐ」が変化したものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ダサいの意味・類語・言い換え

  2. いたいけの語源・由来

  3. つくねの意味・類語・言い換え

  4. レトロの語源・由来

  5. 「川/河」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 卓上カレンダーの意味・別名・類語

  7. 作成の意味・類語・言い換え

  8. トンネルの語源・由来

  9. 前橋市の語源・由来

  10. 「遺伝子」「DNA」「ゲノム」の違い

  1. 道路の語源・由来

  2. 「さける」と「よける」の違い

  3. 「褒める」と「誉める」の違い

  4. マスの意味・別名・類語

  5. ヒラメの種類

  6. おつむの語源・由来

  7. ラッコの意味・別名・類語

  8. ルーキーの意味・類語・言い換え

  9. ひつまぶしの意味・別名・類語

  10. 象牙の塔の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 稚内市の語源・由来

  2. 紅の語源・由来

  3. コンピューターの語源・由来

  4. 牛に経文の語源・由来

  5. 鼓舞の語源・由来

  6. ひたいの語源・由来

  7. 「母体」と「母胎」の違い

TOP