端午の節句の語源・由来

端午の節句の「端」は、「初め」という意味。
「午」は「五」に通じ、「端午」で「5月初めの5日」という意味になる。
端午の節句の風習の由来は、中国東周時代の政治家 屈原(くつげん)を供養するために始まり、三国志の時代に日本へ伝わったとされる。
古く端午の節句は、邪気を祓うために、ショウブやよもぎを軒にさす風習があった。
この風習はやや変化し、現代ではちまきや柏餅を食べたり、菖蒲湯をたてたりしている。
江戸時代以降、端午の節句は「男子の節句」とされ、武家で甲冑(かつちゆう)や幟(のぼり)を飾ったことにならい、町人も武者人形や刀などを飾り、こいのぼりを立てるようになった。
五月五日が「こどもの日」に制定されたのは、祝日法が公布・施行された1948年。
「子供の日」や「子どもの日」など漢字表記されることも多いが、法律上は「こどもの日」が正式な表記である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. バス(風呂)の語源・由来

  2. パステルの語源・由来

  3. あんころ餅の意味・類語・言い換え

  4. 大丈夫の語源・由来

  5. 身も蓋もないの語源・由来

  6. 卯月の語源・由来

  7. 「濃口醤油」と「薄口醤油」の違い

  8. 篠突く雨の語源・由来

  9. 萩市の意味・シンボル

  10. 佐渡市の意味・シンボル

  1. プレハブの語源・由来

  2. 滅相もないの語源・由来

  3. 「髪」「髪の毛」「頭髪」「毛髪」の違い

  4. コンピューターの語源・由来

  5. 池の語源・由来

  6. ロハの意味・類語・言い換え

  7. 暗中模索の意味・類語・言い換え

  8. 解答の意味・類語・言い換え

  9. 判をつくの意味・類語・言い換え

  10. 「背」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

人気記事

  1. 「さける」と「よける」の違い

  2. カンツォーネの語源・由来

  3. ソメイヨシノの語源・由来

  4. 一世風靡の語源・由来

  5. 得体の語源・由来

  6. したり顔の語源・由来

  7. シフォンケーキの語源・由来

TOP