ふつつかの語源・由来

漢字の「不束」は当て字で、ふつつかは「太束(ふとつか)」が転じた言葉。
古くは、「太く丈夫なさま」を意味し、非難の意味を含む言葉ではなかった。
平安時代に入り、優美繊細の美意識が浸透したため、太いものを指す「ふつつか」は、情緒に欠け野暮ったい意味を含むようになった。
さらに中世以降には、風情のなさや風流ではないさまが、意味の中核をなすようになった。
現代のように、不調法者を「ふつつか者」と言うようになったのは、近世以降である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 五右衛門風呂の語源・由来

  2. しゃらくさいの意味・類語・言い換え

  3. コンテの語源・由来

  4. ボーナスの語源・由来

  5. 「ビュッフェ」と「バイキング」の違い

  6. 一攫千金の意味・類語・言い換え

  7. 卵黄の栄養基礎知識

  8. 「オセロ」と「リバーシ」の違い

  9. 阿婆擦れの意味・類語・言い換え

  10. のっぴきならないの語源・由来

  1. 豚の饅頭の意味・別名・類語

  2. 桃の栄養基礎知識

  3. ブッポウソウの語源・由来

  4. 白眉の語源・由来

  5. スイカの品種

  6. 軍鶏の語源・由来

  7. 茨城県の意味・シンボル

  8. あまのじゃくの語源・由来

  9. ネグリジェの語源・由来

  10. ブナの語源・由来

人気記事

  1. 「夏季」と「夏期」の違い

  2. デカの語源・由来

  3. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違い

  4. タレントの語源・由来

  5. 「人種」と「民族」の違い

  6. まつげの語源・由来

  7. ヘイケボタルの語源・由来

TOP