頑張るの語源・由来

江戸時代から見られる語で、漢字の「頑張る」は当て字である。
がんばるの語源には、二通りの説がある。
ひとつは「眼張る(がんはる)」が転じて「がんばる」になったとする説。
これは、「目をつける」や「見張る」の意味から、「一定の場所から動かない」という意味に転じ、さらに転じて、努力してやり通す意味になったというものである。
もうひとつは、自分の考えを押し通す意味の「我を張る(がをはる)」が転じ、「がんばる」になったとする説である。
上記のうち「眼張る」の説が有力とされるが、東北地方の方言「けっぱる」は「気張る」に由来し、「じょっぱり」は「情張り」に由来するため、「我を張る」の説が間違いとは断定できない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 竹と笹の違い

  2. 思うと考えるの違い・使い分け

  3. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  4. タメ口の語源・由来

  5. チョッキとベストとジレの違い

  6. ズボンの意味・類語・言い換え

  7. うなぎとあなごの違い

  8. 投棄の意味・類語・言い換え

  9. ひよこ豆の栄養基礎知識

  10. ラムネの語源・由来

  1. 肉の語源・由来

  2. 大童の意味・類語・言い換え

  3. タトゥーの語源・由来

  4. 川と河と河川の違い

  5. 難しいと困難と至難の違い

  6. 種実類(ナッツ)の栄養基礎知識

  7. 髪の意味・類語・言い換え

  8. 霹靂の意味

  9. 本膳料理と懐石料理と会席料理の違い

  10. 完璧の語源・由来

人気記事

  1. 意思と意志の違い・使い分け

  2. 秘密と内緒と内密の違い・使い分け

  3. 整理と整頓の違い

  4. しらたきと糸こんにゃくの違い

  5. 第1回冬季オリンピック大会の正式名称は長くてややこしい

  6. 準備と用意と支度の違い

  7. 根本的と抜本的の違い

TOP