紅葉狩りの語源・由来

紅葉狩りの「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていたが、野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも使われるようになった。
果物を採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などに使われている。
やがて「狩り」は草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」と言うようになった。
「狩り」が草花を眺める意味になった由来は、狩猟をしない貴族が現れ、自然を愛でることをたとえたとする説もあるが、紅葉(草花)を手に取り眺めたことからと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 切妻屋根の語源・由来

  2. 七夕の語源・由来

  3. 成人の意味・類語・言い換え

  4. 静岡県の語源・由来

  5. ハイキングとピクニックと遠足の違い

  6. 上野村の意味・シンボル

  7. そばぐりの意味・別名・類語

  8. 液晶テレビの意味・類語・言い換え

  9. 豚の体脂肪率はモデルよりも低い

  10. バウムクーヘンの語源・由来

  1. 和暦の意味・類語・言い換え

  2. ずらかるの意味・類語・言い換え

  3. 野次馬の語源・由来

  4. さつまいもの意味・別名・類語

  5. クジラの語源・由来

  6. 年始の意味・類語・言い換え

  7. 二枚目の意味・類語・言い換え

  8. 田尻町の語源・由来

  9. 黄昏の語源・由来

  10. ジンベイザメの語源・由来

人気記事

  1. 冒険と探検と探険の違い・使い分け

  2. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  3. 配布と配付の違い・使い分け

  4. 「せわしい」と「せわしない」が同じ意味になる理由

  5. ストレートパーマと縮毛矯正の違い

  6. 若干と弱冠の違い

  7. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い

TOP