紅葉狩りの語源・由来

紅葉狩りの「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていたが、野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも使われるようになった。
果物を採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などに使われている。
やがて「狩り」は草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」と言うようになった。
「狩り」が草花を眺める意味になった由来は、狩猟をしない貴族が現れ、自然を愛でることをたとえたとする説もあるが、紅葉(草花)を手に取り眺めたことからと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. うんともすんともの語源・由来

  2. アセビの語源・由来

  3. 油を絞るの意味・類語・言い換え

  4. 大根の語源・由来

  5. ヨガの意味・類語・言い換え

  6. 「タイツ」と「ストッキング」の違い

  7. さくらんぼの栄養基礎知識

  8. 就職活動の意味・類語・言い換え

  9. お金持ちの意味・類語・言い換え

  10. ヌスビトハギの語源・由来

  1. フヨウの意味・別名・類語

  2. ろくでなしの意味・類語・言い換え

  3. パチンコの語源・由来

  4. 「志」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. たなごころの意味・類語・言い換え

  6. 盤寿の語源・由来

  7. 繭の意味

  8. 親月の意味・異名・類語

  9. 図に乗るの語源・由来

  10. 広島県の語源・由来

人気記事

  1. 出刃包丁の語源・由来

  2. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」の違い

  3. しじみの栄養基礎知識

  4. 乞食の語源・由来

  5. 垢抜けの語源・由来

  6. 「カヌー」と「カヤック」の違い

  7. わくわくの語源・由来

TOP