ちり鍋の語源・由来

ちり鍋は、幕末から明治にかけ、刺身を食べない西洋人が熱湯につけて食べたのが始まりという。
新鮮な切り身を熱い湯の中に入れると、身がちりちりと縮むことから「ちり鍋」と名付けられた。
豚肉のちり鍋は、毎晩食べても飽きないところから「常夜鍋(じょうやなべ)」とも呼ばれ、ちり鍋と同じ材料で作る蒸し物は「ちり蒸し」とも言う。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. セレブの語源・由来

  2. ポモドーロの意味・別名・類語

  3. ケチの意味・類語・言い換え

  4. 歌舞伎の意味・類語・関連語

  5. 腐るの語源・由来

  6. 蝸牛角上の争いの語源・由来

  7. 「森」「林」「森林」の違い

  8. ツメクサの意味・別名・類語

  9. 酒池肉林の意味・類語・言い換え

  10. 晩秋の意味・類語・言い換え

  1. モツの意味・別名・類語

  2. 「ネックレス」「ペンダント」「チョーカー」の違い

  3. まつげの語源・由来

  4. 珍しいの語源・由来

  5. 蕎麦の語源・由来

  6. サザエの語源・由来

  7. 十五夜の意味・類語・言い換え

  8. 半纏の語源・由来

  9. 分限者の意味・類語・言い換え

  10. ピンからキリまでの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. オカリナの語源・由来

  2. 台無しの語源・由来

  3. あみだくじの語源・由来

  4. 長岡市の語源・由来

  5. けんちん汁の語源・由来

  6. パイソンの語源・由来

  7. おつむの語源・由来

TOP