ちり鍋の語源・由来

ちり鍋は、幕末から明治にかけ、刺身を食べない西洋人が熱湯につけて食べたのが始まりという。
新鮮な切り身を熱い湯の中に入れると、身がちりちりと縮むことから「ちり鍋」と名付けられた。
豚肉のちり鍋は、毎晩食べても飽きないところから「常夜鍋(じょうやなべ)」とも呼ばれ、ちり鍋と同じ材料で作る蒸し物は「ちり蒸し」とも言う。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 巫女の語源・由来

  2. 「ふらふら」「ぶらぶら」「ぷらぷら」の違い

  3. 鯛の意味・別名・類語

  4. 扇の語源・由来

  5. 侍の語源・由来

  6. 蕁麻疹の語源・由来

  7. 玉の輿に乗るの語源・由来

  8. 後釜の語源・由来

  9. フラミンゴの意味・別名・類語

  10. 鱗の語源・由来

  1. 正念場の語源・由来

  2. きびすの語源・由来

  3. 船(舟)の語源・由来

  4. お辞儀の語源・由来

  5. 木枯らしの意味・類語・言い換え

  6. いなり寿司の意味・別名・類語

  7. 「死」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 未亡人の語源・由来

  9. 恐竜の種類

  10. 二の舞の語源・由来

人気記事

  1. 殷鑑遠からずの語源・由来

  2. テンペラの語源・由来

  3. 「敬老の日」と「老人の日」の違い

  4. 「時」「時間」「時刻」の違い

  5. 「行政書士」と「司法書士」の違い

  6. 自然体の語源・由来

  7. 埼玉県の語源・由来

TOP