ピンポンの語源・由来

ピンポンは、1890年代にイングランドのジェームス・ギブが、アメリカでセルロイド球を見つけて持ち帰ったことが始まりである。
ギブは上流階級の間で流行っていたバドミントンの前身にあたる「バトルドア・アンド・シャトルコック」のラケットで、セルロイド球を打ってみたところ、テーブルに弾めば「ピン」、ラケットに当たれば「ポン」という音がして、打ち合うことを非常に面白いと感じた。
ギブはこれを、遊技用品とスポーツ用品の会社を経営していた隣人のジェームス・ジェークスに紹介した。
ジェームスもこれを絶賛し、「ピンポン(ping−pong)」という名を世界中に商品登録し、1898年にはボールとラケットをケースに入れて、「ピンポン・セット」と名付け発売した。
つまり、ピンポンは商品名であり、語源は「ピン(ping)」と「ポン(pong)」という音である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. おあいその語源・由来

  2. バンジージャンプの種類

  3. 昆布茶の栄養基礎知識

  4. サウナの意味・別名・類語

  5. バレンタインデーの語源・由来

  6. 戸惑いの語源・由来

  7. 兵庫県の語源・由来

  8. 備長炭の語源・由来

  9. かしこの意味・類語・言い換え

  10. 青天の霹靂の語源・由来

  1. ヌードルの語源・由来

  2. 年の語源・由来

  3. ヤブ蚊の語源・由来

  4. うぶの語源・由来

  5. 天ぷらの語源・由来

  6. おこがましいの意味・類語・言い換え

  7. 正鵠を射るの語源・由来

  8. 貴社の意味・類語・言い換え

  9. 雨月の意味・類語・言い換え

  10. 心配と不安と気がかりの違い・使い分け

人気記事

  1. 金管楽器と木管楽器の違い

  2. 材料と原料と原材料と素材と資材の違い

  3. 2月29日に生まれた人はいつ歳を取るか

  4. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  5. 了解と了承と承知と承諾の違い・使い分け

  6. 震度とマグニチュードの違い

  7. 積極的と自発的と能動的の違い・使い分け

TOP