成金の語源・由来

成金の語源・由来

成金は、もともと将棋用語。
敵陣に入った駒が、成って金将と同等の動きをするようになったもののこと。
特に、「歩(ふ)」をさす言葉である。
急に金持ちになった意味で「成金」が使われ始めたのは、江戸末期頃から。
日露戦争直後、株で大儲けした鈴木久五郎や、第一次世界大戦で大儲けした造船・海運業者らを「成金」と呼ぶようになり、短期間で金持ちになる意味での使われ方が広まっていった。

出典:語源由来辞典

こちらもオススメ

TOP