馬鹿の語源・由来

馬鹿の語源は、サンスクリット語で「無知」や「迷妄」を意味する「baka」「moha」の音写「莫迦(ばくか)」「募何(ぼか)」とされる。
日本では鎌倉時代末期頃から「ばか」の用例があり、室町中期の『文明本説用集』には、馬鹿の異表記として「母娘」「馬娘」「破家」をあげ、「とんでもない」の意味で「狼藉之義也」と説明している。
以上のことから、漢字の「馬鹿」は当て字と考えられる。

馬鹿の語源には、『史記(秦始皇本紀)』の故事「鹿をさして馬となす」からというものがある。
これは、秦の趙高が二世皇帝に、鹿を「馬である」と言って献じた。
群臣は趙高の権勢を恐れて「馬です」と答えたが、「鹿」と答えた者は暗殺された。
このことより、自分の権勢をよいことに矛盾したことを押し通す意味として「馬鹿」と言うようになったというものである。

しかし、「鹿」を「か」と読むのは大和言葉で、漢文では「ばろく」と読む。
そのため、この故事が「ばか」の語源とは考え難く、「ばか」に「馬鹿」の字が当てられた由来として考慮するにとどまる。
ただし、「馬」や「鹿」は当て字に使われることが多い漢字であるため、「ばか」の漢字表記がこの故事に由来すると断定できるものではない。

その他、馬鹿の語源には、「おこがましい」の語源となる「をこ」とする説もあるが、「をこ」から「ばか」という音変化は考え難い。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. うつつを抜かすの語源・由来

  2. 天王山の語源・由来

  3. 6月の意味・類語・言い換え

  4. ごま油の栄養基礎知識

  5. 鑑の意味・類語・言い換え

  6. 対応と応対の違い

  7. あんころの意味・類語・言い換え

  8. パンプスの意味・類語・言い換え

  9. 埴輪の意味

  10. 青魚の意味・類語・言い換え

  1. 弱冠の語源・由来

  2. 沢山の語源・由来

  3. クッキーの意味・類語・言い換え

  4. 類語の意味・類語・言い換え

  5. だらしないの語源・由来

  6. ひつまぶしの語源・由来

  7. 奇跡の意味・類語・言い換え

  8. むっくりの意味・類語・言い換え

  9. スパゲッティの種類

  10. みょうがの語源・由来

人気記事

  1. ピーナッツと落花生と南京豆の違い

  2. 死体と遺体の違い・使い分け

  3. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

  4. 効くと利くの違い・使い分け

  5. なぜ「虹」は虫偏なのか

  6. 穴と孔の違い・使い分け

  7. 血と皿の漢字が似ている理由

TOP