バカとアホの違い


バカ(馬鹿)とアホ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バカ」が常用され、関西では「アホ」が常用される。

常用される言葉は、軽いニュアンスで使われることも多いため、侮辱された印象も少ない。
常用されない言葉は、軽いニュアンスで使われる場面がないことから、侮辱された印象が強くなる。
そのため、関東では「アホ」の方が侮辱された印象が強く、関西では「バカ」の方が強く感じられる傾向にある。

アホは関西を中心に使われる言葉であるが、上方漫才の影響により全国的にも使われるようになってきた。
また、愛知や岐阜ではバカやアホのほか、「たわけ」も常用されている。

バカを強調語として使う場合は、「馬鹿高い」「馬鹿に暑い」などという。
アホも強調語として使われるが、「阿呆みたいに高い」「阿呆ほど暑い」というように、用法に違いがある。

バカには「馬鹿正直」「親馬鹿」「筋肉馬鹿」など、度が過ぎていることや、社会的常識に欠けていることをいう表現があるが、アホにそのような表現はない。


今見られている記事 ランダム
  1. 日の旗の意味・類語・言い換え

  2. ハイキングの意味・類語・言い換え

  3. 米寿の意味・類語・言い換え

  4. パンプキンの意味・別名・類語

  5. 中部地方と東海地方と東海三県と中京圏の違い

  6. オリーブの栄養基礎知識

  7. ゲリラの語源・由来

  8. 月毎の意味・類語・言い換え

  9. 推敲の意味・類語・言い換え

  10. マラソンの語源・由来

  1. 紙鳶(いか)の意味

  2. 斟酌の意味・類語・言い換え

  3. ゴシップとスキャンダルの違い

  4. バターとマーガリンとファットスプレッドの違い

  5. ワインの栄養基礎知識

  6. 6月の意味・類語・言い換え

  7. 懐石料理の語源・由来

  8. 菜種梅雨の語源・由来

  9. 蔬菜の意味・別名・類語

  10. タメ口の語源・由来

人気記事

  1. 効くと利くの違い・使い分け

  2. かいわれ大根と大根の違い

  3. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  4. 圧力鍋で時短調理できる仕組み

  5. 森と杜の違い・使い分け

  6. ちょくちょくとしばしばと度々の違い・使い分け

  7. クーデターと革命と反乱と内乱の違い

TOP